しみ

しわやたるみも私たち女性の大きな悩みですが、その中でも『シミ』は加齢と共に悩みの種は大きくなってきます。しみは薄いしみから濃いしみまで種類が様々ありますから、どんなケアをしていけば良いのか正直迷うと思います。そんなシミの悩みを抱えているみなさんにしみの原因とスキンケアを紹介します。

大人気 ロングセラー・新商品 人気 コスメ満載 ! 割引キャンペーン開催中
www.dhc.co.jp
ドクターシ−ラボの人気商品がお買得 ! ついつい 欲しくなる、人気コスメはこちらから
www.ci-labo.com
スキンケア化粧品のトライアルセット。送料無料で10日間お試しできます。≪365日返金保証付き≫
www.bglen.net
肌悩みに合わせて選べる植物生まれのスキンケア。現代女性の肌の悩みに応えます。
www.sokamocka.com

しみの原因

しみは体調の変化や、外部からの刺激によって出来てしまいます。種類によっては化粧品でカバー出来るしみと出来ないしみがあります。加齢や妊娠中はホルモンバランスの乱れによって、さらにしみが増えてしまいます。

日焼けをしすぎるとメラニン色素が増加してしまい、しみを作ってしまう原因になります。色素形成細胞(メラノサイト)という色素は刺激を受けてしまうとメラニン色素をたくさん作ってしまいますので、紫外線を直接浴びてしまうとしみになるという事になります。 特に妊娠中はメラノサイトが活性化し増加しますので注意が必要です。

ページの上に移動

しみの種類

老人性色素沈着

日焼けが原因で出来てしまうしみです。ほお骨や直接日光に当たりやすい高い場所に出来てしまい、しみの進行がとても早いです。早い人は10代からもしみは出来てしまいます。 年中季節に関わらず、紫外線配合の化粧品を使用して予防するのが良いでしょう。

そばかす

そばかすは遺伝により出来てしまいます。鼻の周りに斑点のような茶色い物がたくさんできてしまいます。外国人の方には良く見られますね。 そばかすは消したりする事は不可能なので、外に出たり遊んだりしたりする時は、帽子をかぶったり出来るだけ紫外線対策をしっかりと行いそばかすを増やさない事が大切です。

炎症性色素沈着

にきび痕や化粧品によるかぶれや、やけどした時に作られる濃い茶色のしみです。 自然に消えますが、しっかりと紫外線予防を欠かさずスキンケアをする事が大切になります。放っておくとしみは濃くなり残ってしまう可能性がありますので、スキンケアは必ず行いましょう。
ページの上に移動

しみ対策

薄く小さなしみ

しみを予防するにはやはり肌を乾燥させない事です。また、一番重要な事はしみやそばかすは紫外線が原因で作られてしまいますので、紫外線対策をしっかりと行う事です。 化粧水で潤いを与えてから、美白の保湿クリームやパックをして肌にあるメラニン色素を取り除いていきましょう。

濃い目立つしみ

時間のたった濃いしみは、すぐに薄くしたり消したりする事は困難です。時間をかけて集中ケアをする事が大切です。新陳代謝が少しずつ衰えてくると、しみも同時に増えてしまいます。顔の血行をよくし、筋肉をほぐすようにマッサージをしてあげる事で肌に刺激を与え、肌は見違える程いきいきとしてきますから、しみに強い肌に生まれかわります。

基本的なしみ対策

化粧水で肌に水分を与えてから、しっかりとビタミン誘導体成分が入っているクリームやパック、美容液なのでしみの部分を重点的ケアしていきましょう。忘れてはいけないのが、一年中紫外線ケアをする事。UV配合の化粧下地やファンデーションを使用するのも良いですね。

食生活面でもしみに影響が出て来ます。毎日水分をたっぷりと補給し、栄養の偏らない食事をする事を心掛けましょう。睡眠不足はせず適度な運動を行い、他にもビタミンCやビタミンAの摂取をとるようにしましょう。とにかくスキンケアを毎日続ける事が一番の解決策に繋がります。

すぐにしみを消してしまいたいという方は、皮膚科の専門医に相談をし、レーザー治療することをおすすめします。

ファンデ前のひおぬりで、毛穴が消えた!売上げ320万本突破!
www.orbis.co.jp
ページの上に移動